クレジットカードの審査条件と審査内容

クレジットカードは昔と比べると身近な存在になっており、使っている人はたくさんいます。

 

新規のクレジットカード発行時には、申し込み後に審査があり、
審査でOKが出るとカードを発行してもらえます。

申し込み書類には、名前、性別、年齢のほか、現住所や電話番号などの個人情報を記載する必要があります。

 

クレジットカード会社の申し込み用紙には、勤務先、勤続年数、年収、家族構成、
持ち家の有無なども書くようになっていて、審査内容として使われます。

 

申し込み時に記載のあった情報と、信用情報会社に照会して得たその人のキャッシングの利用履歴を見た上で、
特に問題がないと判断されれば、クレジットカードの発行が可能になります。

 

クレジットカードの審査内容

クレジットカードの審査は、申し込みをした人物がきちんと借りたお金を返済できるのかどうか、
その能力を見ていくのです。

 

クレジットカードの審査に通らない人とは、年収が少なかったり不安定な人や、
別のキャッシング会社から多額の融資を受けている人、キャッシングの返済を滞らせたことがある人などです。

 

年をとりすぎていたり、まだ成人していないなどの理由でクレジットカードの申し込みをしても、
受付で断られてしまうということもあります。

 

ただし、全ての条件をクリアしていなければ、審査で断られるというわけでもないようです。

 

正社員として働いていない人や、現時点では無収入の人でも、クレジットカードが発行できることがあります。

 

クレジットカードの発行について調べておきたいことがあれば、コールセンターに電話をかけて、
不明点を聞いてみるのもいいやり方です。

 

クレジットカードは無くてはならない程、生活に浸透しているものなので、少なくても1枚は持っておきたいものです。

クレジットカードの審査に通らない原因

カード会社がの審査でOKがでなければ、新しいクレジットカードは発行されません。

 

審査に通らず、クレジットカードがつくれない人もいます。

 

クレジットカードで決済をすると、まずカード会社が提携店舗に決済金額を支払い、
利用者はカード会社にお金を払うので、信用がなければ利用できません。

 

どんな仕事についていても構わないですが、ずっと同じ仕事をしている人ほど、
収入が安定していると見なされます。

 

正社員として働いていたり、身分の安定している公務員である場合は、審査に通りやすくなります。

 

逆に、審査で不利になる人としては、契約社員の身分である人や仕事をしておらず収入がない人です。

 

本人に収入がなければ、クレジットカードの発行は難しくなりますが、
配偶者や親など、同居する家族の収入で契約できるケースもあります。

 

クレジットカードの審査に落ちる条件

どういった基準でクレジットカードの発行を決定しているかは会社によって色々ですので、
一度審査に断られたとしても、諦めることはありません。

 

他の金融会社のクレジットカードやキャッシュカードを持っていて、
借入上限金額をオーバーしていることがあります。

 

利用していないクレジットカードを解約したり、クレジットカードの利用限度額を
低く設定しなおすことによって、審査に通れる状況がつくれるでしょう。

 

クレジットカード会社は、申し込みを受け付けると、まずは個人信用情報会社に照会をして、
キャッシングの利用歴をチェックします。

 

債務整理の経験がある人、返済を著しくおくらせたことがある人は、
返済時に問題を起こす可能性が高いという理由で、クレジットカードがつくれません。

 

場合によっては、個人信用情報機関に問題がなく利用している履歴が必要な場合もあり、
クレジットカードを利用した事がない人が申し込むと通らない場合もあるようです。

クレジットカードロの申し込み審査への対策について

新しいクレジットカードが必要な時は、カード会社の審査を受けなければいけません。

 

いくつものクレジットカード会社が存在していますが、
審査なしでカードをは発行しているような会社はまずありません。

 

クレジットカードを新たに作りたいと考えている人は、審査とはどのようなものかを知っておくことが大事です。

 

クレジットカードの審査でどのような点に着目しているかを知らずに申し込むと、
うまくいくはずの審査に失敗することがあります。

 

クレジットカードの申し込み時の審査

安定した年収を得ている人であれば、クレジットカードの審査の申し込みは、まずOKと思っていいでしょう。

 

特に最近は収入などの条件が緩和されている傾向にあるので、
パートやアルバイトでも借りられるので条件は厳しく無い場合もあります。

 

クレジットカードの審査では、収入以外でも着眼点がいくつかありますので、気をつけるようにしましょう。

 

今まで、ローンやキャッシングを利用して、返済を何ヶ月も遅らせたことがあるという人は評価が低いでしょう。

 

今まで返済を遅らせたことがあるという人は、クレジットカードの審査では不利になってしまうものです。

 

金融会社は、借りたお金をきちんと返せているかどうかを重視しますので、注意しなければなりません。

 

別の金融会社から借りているお金があったら完済しておくこと、 過去の延滞などからは一定時間が経過していることが大事です。

 

過去の借入返済に問題がある場合は、お金を借りる時に、そのようなことについても対策を考えておいた方がいいです。

[クレジットカード審査の条件|クレジットカード選び審査比較]関連情報